お弁当 レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

お弁当 レシピ

スポンサードリンク

そら豆ご飯〜黒ゴマ風味

このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1255
そらまめ    お好みの量
米   2合
水   360cc
酒   大さじ1
塩   ひとつまみ
黒ゴマ(すりごま)  大さじ3
しょうが   20g

1、米は研いで、水、酒、塩、黒ゴマ、しょうがのみじん切りを入れ普通に炊き上げる。
2、ゆでたそら豆を炊き上がったご飯に加え混ぜ、10分蒸らして完成です。

ポイント
しょうがを加えることで、お弁当に入れても傷みにくくなります。

そら豆や枝豆のご飯は彩りもきれいですが、黒ゴマを加えることでさらに彩り豊かなご飯に仕上がります。

お弁当に入れる時も白いご飯よりも、こうした色つきご飯は子供のモチベーションアップにも繋がるものです。


iPhoneのすごさを知る

10日くらい前に世間ではiPadやiPhone4で盛り上がりを見せる中、とんがった僕はiPhone3GSを買いました。

メディアなどの情報を見ていて、必要に駆られたというのが大きな理由ですが…

これはかなり便利です。(いまさらという感じですが 笑)

iPhoneのすごさを知る


僕は細切れの時間があったけど、ブログを更新できるほどでもないということが多々ありました。

これでなかなかブログの更新ができずにいたのですが、iPhoneに関しては携帯というよりも、小さなパソコンという位置づけなので、合間でWEBに接続→ブログやツイッターを更新!という作業が非常に楽になりました。


10日ほど使ってみて、あと1年早く持っていれば良かった…これが率直な感想です。

昔から流行りの月9などは見ない主義だったのですが、流行りものには素直に乗るようにしないと損することもあるんですね。

すごく勉強になりました。



お弁当 レシピ

スポンサードリンク

ささみのゴマたっぷり焼き

このエントリーをはてなブックマークに追加
ささみのゴマたっぷり焼き
材料:
ささみ   200g
白ゴマ   50g
塩   ひとつまみ
サラダ油   小さじ1/2

しょうゆ  大さじ1
みりん   大さじ1
酒   大さじ1
片栗粉  大さじ1

1、ささみは筋を取り、一口大にそぎ切りにする。
2、ささみの表面に塩をまんべんなくふる。
3、Aを混ぜたものでささみに味付けをする。
4、白ゴマをささみの表面に衣のようにつける。
5、薄くフライパンに油をひき、中火でささみの両面を2分ずつ焼く。
6、器に盛り付けて完成です。

ポイント
ごまは調味料と混ぜずに、コロッケのパン粉のようにまんべんなく表面にまぶします。

かなり香ばしい出来上がりになるので、出来上がりすぐでもおいしくいただけますし、お弁当に入れても非常においしいです。

油はあまりひかない方がおいしく出来上がるので、テフロンのフライパンを使うと良いと思います。



お弁当 レシピ

スポンサードリンク

焼きそば風塩パスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
焼きそば風塩パスタ
材料:
スパゲティ  180g
豚バラ肉   80g
きくらげ  30g(戻した状態)
長ネギ  1/2本
キャベツ   1/8個
ごま油   大さじ2
塩  適量
こしょう   適量

酒   大さじ2
しょうゆ   大さじ1
オイスターソース  小さじ1
顆粒だし   小さじ1

1、スパゲティは塩を入れたお湯でやや固めにゆでる。
2、豚肉、キャベツ、きくらげを一口大に切り、長ネギはスライスする。
3、フライパンにごま油をひき、豚肉を強火で炒める。レンジでキャベツを30秒加熱し、豚肉の色が変わったところで加える。
4、キャベツに火が通ってきたら中火にし長ネギ、きくらげを加え、ひと炒めしたらスパゲティを加える。
5、Aを加え、汁気を麺に吸わせるように1分半ほど炒める。
6、塩、こしょうで味を調えて完成です。

ポイント
スパゲティは固めにゆで、味を吸わせるようにしましょう。

スパゲティで焼きそばを作ると、お弁当に入れても伸びすぎないのでおすすめです。今回の塩焼きそばでも、通常のソース味でもお弁当に使う際は参考にしてみてください♪




お弁当 レシピ

スポンサードリンク

茄子と豚肉の甘辛味噌炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
茄子と豚肉の甘辛味噌炒め
材料:
豚肉   200g
茄子   2本
パプリカ   1/4個
サラダ油   大さじ1
片栗粉   大さじ2
塩   適量
こしょう   適量
A
味噌   大さじ1
コチュジャン  大さじ1
はちみつ   大さじ1
砂糖   大さじ1
みりん   大さじ1
酒   大さじ2

ごま油  大さじ1

1、豚肉は一口大に切り、塩こしょうをし片栗粉をまぶす。
2、なすとパプリカは乱切りにし、レンジに1分かける。
3、フライパンにサラダ油をひき、豚肉を中火で両面焼く。
4、なすとパプリカを加え、なすがしんなりするまで炒める。
5、Aを加え、やや強火にし焦げないようにたれを絡めていく。
6、最後にごま油を香りづけに加え出来上がりです。

ポイント
タレに酒を加えることで、味噌炒めでも焦げづらくなります。

甘辛い味噌味は豚肉にもなすにもよく合い、ご飯にのせて食べてもおいしくいただけます。

味が濃くお弁当にも入れやすいので、朝に多めに作ってお母さんはお昼に、お子さんと旦那さんはお弁当にという使い方も出来ます♪


お弁当 レシピ

スポンサードリンク

ラム肉とアスパラのレモンバター炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラム肉とアスパラのレモンバター炒め
材料:
ラム肉   300g
アスパラ   6〜8本
バター  30g
おろしにんにく  小さじ1
レモン汁   小さじ2 × 2
塩   適量
黒こしょう  適量

お好みの野菜

1、ラム肉は一口大に切り、アスパラは4等分に切る。アスパラはラップで包み30秒レンジで加熱する。
2、フライパンにバター15g、おろしにんにくを入れ、ラム肉に塩、こしょうをしを中火で焼いていく。
3、ラム肉に焼き色がついたら、アスパラを加えひと炒めし、レモン汁小さじ2を絞り入れ蓋をして1分ほど蒸し焼きにする。
4、残りのバターとレモンを絞り入れフライパンを揺すり肉汁と混ぜる。
5、器にお好みの野菜と盛りつけて完成です。

ポイント
アスパラは生のまま加えずに半分火の通った状態で加えると、仕上がりがちょうど良い硬さになります。

ラム独特の香りが嫌いだという方も、今回の方法で調理するとにんにく、レモンの香りで非常に食べやすくなります。

ラム肉は体を温める効果があるので、冬の寒さが厳しいこの時期には特におすすめです。



北海道新聞に掲載されました!

先日、北海道新聞に僕の活動が掲載されました。

sinbun

かなり大きく掲載されたので、色々な方から連絡をいただきました。

こうして取り上げていただけることは、自分が活動する上でもものすごく力になります。

現在、料理研究家としてのお仕事も増えてきていますので、今年は新しい形で皆さんのお役に立てそうです。

(今回のラム肉とアスパラのレモンバター炒めは新聞取材の際に作ったものです)


お弁当 レシピ

スポンサードリンク

茄子のミートボール

このエントリーをはてなブックマークに追加
茄子のミートボール
材料:
茄子  2本
玉ねぎ   1/8個
パター  20g
合びき肉   200g

A
卵   1個
パン粉   大さじ2
塩   適量
こしょう   適量
セージ   少量

長ネギ(一口大)   1本
パプリカ(一口大)   1/4個
舞茸(一口大)   1/2パック
サラダ油   大さじ1
B
水   50cc
昆布茶  大さじ1
酢   大さじ1
ケチャップ   大さじ1
砂糖  小さじ2
しょうゆ   小さじ1
片栗粉   小さじ1

1、茄子と玉ねぎはみじん切りにし、バターで炒め粗熱を取っておく。
2、1と合びき肉、Aをよく混ぜ合わせミートボールを作る。
3、フライパンにサラダ油をひき、中火でミートボールの表面を焼いていく。
4、表面に焼き色がついたらフライパンの空いた部分に長ネギ、パプリカ、まいたけを加え炒めていく。
5、全体的に油が回ったら3分ほど蒸し焼きにする。
6、一旦火を止め、Bを加え全体にタレが絡んだら中火で温めとろみをつけて出来上がりです。

ポイント
とろみをつける際は、火を止めるとダマになりづらいです。

なすをミートボールに入れることで、なすに肉汁が染み込みジューシーな仕上がりになります。

材料は多いですが、混ぜて入れるだけというシンプルなレシピですので挑戦してみてください。



坦々モツ鍋

マイコミジャーナルさんで、連載している鍋企画の第3回がアップされています。

今回の鍋は坦々モツ鍋という事で、マーボー茄子、マーボー豆腐も意識した味付けにしてみました。

気になる方はチェックしてみてください。

マイコミジャーナル>>>坦々モツ鍋


お弁当 レシピ

スポンサードリンク

ベーコンとネギのオムレツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベーコンとネギのオムレツ
材料:
卵   3個
ベーコン   50g
万能ねぎ   1/2束分
(長ネギや玉ねぎでも可)
塩   ひとつまみ
こしょう   適量
マヨネーズ   小さじ1
サラダ油   大さじ1

1、万能ねぎは小口切りにし、ベーコンは荒いみじん切りにする。(長ネギや玉ねぎの場合はみじん切りにする)
2、ボウルに卵、万能ねぎ、ベーコンを入れよくかき混ぜ、塩、こしょう、マヨネーズで味付けする。
3、フライパンにサラダ油をひき、強火でフライパンを温める。
4、強火のまま2の卵を入れ、スクランブルエッグのように全体を箸とフライパンを動かしながらかき混ぜる。
5、半熟になったら奥に卵をよせ、フライパンの柄を叩き自然にオムレツ形になるように仕上げる。

ポイント
マヨネーズを入れると、卵がふんわりと仕上がります。

フライパンに卵を入れてから、1分半くらいでオムレツ形になるように素早く仕上げましょう。

スクランブルエッグのように

玉ねぎや長ネギが中途半端に余ったらこういう使い方も便利です。

オムレツだけでなく、卵焼きにすればお弁当にも使えます。



お弁当 レシピ

スポンサードリンク

鶏肉のガーリックレモンバター炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
鶏肉のガーリックレモンバター炒め
cookpad
このレシピはクックパッドに登録されています。
あなたのつくれぽを募集中です♪

材料:
鶏肉   300g
バター  30g
おろしにんにく  小さじ1
レモン汁   小さじ2 × 2
塩   適量
黒こしょう  適量

お好みの野菜

1、鶏肉はやや大きめにそぎ切りにする。
2、フライパンにバター15g、おろしにんにくを入れ、鶏肉に塩、こしょうをしを中火で焼いていく。
3、両面に焼き色がついたら、レモン汁小さじ2を絞り入れ蓋をして蒸し焼きにする。
4、ご飯の上に鶏肉を盛り付け、残りのバターとレモンを絞り入れフライパンを揺すり肉汁と混ぜる。
5、4のソースを肉と野菜にかけて完成です。

ポイント
鶏肉は薄く切ることで火の通りも早くなります。

最後にフライパンを揺することで油とレモン汁が乳化してドレッシングを混ぜた時のようなうまみのあるソースに変身します。

今回はご飯の上に盛り付けていますが、サラダの上に盛り付けてもおいしくいただけます♪

お弁当 レシピ

スポンサードリンク

豆腐のそぼろ風三色丼

このエントリーをはてなブックマークに追加
豆腐のそぼろ風三色丼
材料:
そぼろ豆腐
木綿豆腐   1丁

しょうゆ   大さじ2
みりん    大さじ2
砂糖   大さじ1
おろししょうが   小さじ1/2

1、木綿豆腐はクッキングペーパーで包み、耐熱容器に入れ4分間加熱する。
2、ざるの上に豆腐をペーパーに包んだままのせ、その上に水を入れたボウルをのせ10分間置く。
3、フライパンを温め、豆腐をほぐしながら加え中火で水分を飛ばしていく。
4、豆腐の水分がある程度飛んだら、Aを半量入れ炒め、水分が飛んだら残りの調味料を加え水分が飛ぶまで炒める。

ポイント
豆腐の水切りをしっかりすることで、肉に近い食感に仕上がります。

味噌いり卵
卵   2個
万能ねぎ  お好みで(長ネギでも可)
サラダ油   小さじ1

味噌   大さじ1
酒  大さじ1
みりん   大さじ1
白ゴマ   小さじ1

1、Bの調味料をボウルに入れ、味噌がとけるまで混ぜる。
2、ボウルに小口切りにした万能ねぎ、卵を加えよく混ぜる。
3、フライパンにサラダ油をひき、卵をスクランブルエッグのように炒める。
4、火が通ったら器に取り出しておく。

ポイント
味噌をしっかりと溶かさないと、炒めた時に焦げ付きの原因になります。

オクラのナムル
オクラ   4本

塩  ひとつまみ
こしょう   適量
昆布茶   小さじ1/3
白ゴマ  小さじ1/2

ごま油   小さじ2

1、オクラは熱湯で塩ゆでにし、冷水に取り荒熱を取る。
2、オクラを小口切りにし、ボウルに入れる。
3、Cの調味料で味付けし、最後にごま油を加える。

ポイント

ナムルは先にごま油を入れると、油でコーティングされ味が入りにくいので、仕上げにごま油を入れましょう。


三色丼という事ですが、写真を見ると…「これ、ほぼ二色だな…」という微妙な仕上がりに(笑)

実物は三色に見えたんだけどなぁ…(言い訳チック)

最近は料理の写真も以前よりも気を使って撮るんですが、実際の見た目と写真を見るとなんか違うなぁ…と感じることがります。

本の表紙撮影の時のカメラマンさんが撮った写真は、実物より美味しそうに見えたのに…

カメラの差なのか、腕の差なのか?



多分、どちらもでしょうね。

少しカメラの勉強もしないといけないですね。



お弁当 レシピ

スポンサードリンク

コーンとオクラのふんわり焼き

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーンとオクラのふんわり焼き
材料:
鶏ひき肉   200g
山芋   50g
オクラ   4本
コーン缶   1/2缶
塩   小さじ1/4
こしょう   適量
ごま油   大さじ1

昆布茶   小さじ1
しょうゆ   大さじ1
ごま油   大さじ1
片栗粉   大さじ1

1、山芋は皮をむき細かいみじん切りにし、オクラは小口切りにする。
2、ボウルに鶏ひき肉を入れ、塩、こしょうをし粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
3、2のボウルにコーン、山芋、オクラを入れ、Aの調味料を加えよく混ぜ合わせる。
4、一口大の小判形に成型し、フライパンを温めてごま油をひき、中火で両面を焼く。
5、フライパンにぬるま湯をつくねの半量くらいまで入れる。
6、水分が完全になくなったら、火を止め器に盛り付けて完成です。

ポイント
最初に塩だけで鶏肉を混ぜることで、焼いたときにうまみが逃げづらくなります。

お弁当にも最適なこのつくねは山芋を加えることで、食感が柔らかくなりお子さんにも喜ばれる食感になります。

お父さん用におつまみにするなら焼き上がった後に焼き鳥のたれ(しょうゆ大さじ1・砂糖大さじ1・みりん大さじ1・おろしにんにく小さじ1/2)を加え絡めてあげると喜ばれます。



夏を乗り越えました

去年の冬からうちに来たビーシュリンプたちが、この夏を乗り切りました。

エビ水槽

温度変化に弱いと聞いていたので心配でしたが、以前よりも勢力を増している感じすらします(笑)

まぁ、クーラーを設置しているので僕よりも快適な状態で過ごしているですが…


料理レシピについて
当サイトの料理レシピは特に記載のない場合は2人分の材料で記載しています。4人分を作る場合は2倍にすれば作れますし、1人分なら半分の量でOKです。

レシピを参考にして作った感想を、コメントしていただけると非常にうれしいです。

皆さんの応援で毎日のブログ更新が出来ています。いつもありがとうございます♪

(当ブログで使用しているレシピ・料理写真の二次使用は禁止しています。)
番組出演
【レギュラー出演】
ラジオ
FMノースウェーブ
ASAHI SUPER DRY NORTH GARDEN
(日曜 15:00〜15:30)


【ゲスト出演】
テレビ
2011年2月13日
札幌テレビ タカトシ牧場
”ご当地中華まん”にて
中華まんのレシピ提供・調理指導で出演

2011年4月5日
札幌テレビ どさんこワイド
”春のお弁当特集”にて
お店&スタジオでレシピ紹介・出演

2011年8月15日
北海道テレビ イチオシ
”野菜ソムリエが勧める直売所”にて
お店でピュアホワイトを使ったレシピを紹介・出演


ラジオ
AIR-G(FM北海道)
Working for The Weekend


プロフィール
こばやん
詳しいプロフィール


こばやん

面倒な手間はなるべく省いて、シンプルにうまいレシピがモットーです。作ってあげた人に「おいしい」って言ってもらえるポイントがわかると、料理がもっと楽しくなりますよ♪

こちらのiPhoneらいふが現在のメインブログです

メディア出演
サークルKサンクスとFM北海道との共同プロジェクト・美食喰楽部にてこだわりとわがままがぎっしり詰まった”オリジナル商品”の発売が決定しました!

第一弾は2010年6月15日発売です
美食喰楽部

美食喰楽部とは?



CRECER 2007秋号に
掲載されました!
CRECER

2008年2月
まんまる新聞に掲載されました!
まんまる新聞
詳しい記事はこちら

2008年5月
慶應義塾大学KOADに掲載されました!
慶應義塾フリーマガジン
詳しい記事はこちら
料理カテゴリ