激辛 料理 レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

砂肝とズッキーニの韓国風ニラ炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
材料:

砂肝  200g
ズッキーニ 1本
白菜キムチ 80g
ニラ 1/2パック
長ネギ 1/2本
にんにく 1片

テンメンジャン 小さじ2
コチュジャン 小さじ2
しょうゆ 小さじ1
酒 大さじ1

サラダ油  大さじ1

糸唐辛子(飾り) 適量
白ゴマ  適量

1、ズッキーニは乱切りにし、にんにくはみじん切り、ニラは2センチくらいにカットし、長ネギは千切りにする。
2、砂肝は斜めに包丁かキッチンばさみで切り込みを入れて、大きければ2つにカットします。
3、フライパンに油をひきにんにくを香りが出るまで炒めます。
4、3に砂肝を入れ色づくまで炒め、酒を入れ蓋をします。
5、2分くらいたったらズッキーニを入れ全体に炒め合わせます。
6、ズッキーニに火が通ったら、キムチ、テンメンジャン、コチジャン、しょうゆを加え混ぜ合わせます。
7、仕上げに長ネギ、ニラを加えひと混ぜしたら完成です。

皿に盛り付けて糸唐辛子、白ゴマをふりましょう。

暑い夏のビールに合うおつまみや、夏バテ予防の料理になるスタミナ料理です。

写真付きレシピはこちら

激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

かんたん白あえ

このエントリーをはてなブックマークに追加
材料:
生揚げ    180g
にんじん   60g
しいたけ   2個
さやえんどう 10枚
だし     カップ1/4
しょうゆ    小さじ1
みりん     小さじ1
砂糖      大さじ1/2
ねりごま 大さじ1
塩 小さじ1/2
しょうゆ   少々

1、生揚げは茶色い部分を切り落とし、たんざく切りにします。白い部分はとりおきます。
2、しいたけは石づきをとって薄切りにし、にんじんは3cm長さのたんざく切りにします。
3、さやえんどうは筋をとり、熱湯でさっとゆでます。斜め細切りにします。飾り用に少しとりおきます。
4、鍋にAと生揚げの茶色い部分、2を入れ、中火で約5分、汁気がなくなるまで煮ます。さまします。
5、ボールに生揚げの白い部分を入れ、泡立器でなめらかになるまでつぶします。Bを順に加え、あえごろもを作ります。
6、5に3と4を加え、あえます。器に盛り、飾り用のさやえんどうをのせます。

レーズンナッツチョコ
リッチな苺のババロア

激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

ペンネアラビアータ

このエントリーをはてなブックマークに追加
イカペンネ
材料:2人分
ペンネ     160g
トマトソース  160g
にんにく    1片
鷹の爪     2本
イカ      1杯
しめじ     1/2パック
バジル     適量
オリーブオイル 適量
塩、こしょう  適量

1、ペンネはたっぷりのお湯でアルデンテに茹でる。
2、フライパンににんにくのみじん切り、種を取り除いた鷹の爪、オリーブオイルを入れ、ごく弱火で香りをだすように炒める。
3、2に輪切りにしたイカ、石づきを取りほぐしたしめじを入れ炒める。
4、トマトソースを加え、水分を2/3まで煮詰める。
5、1のペンネを加えソースを絡めるようにあおり、塩、こしょうで味付けをする。
6、味が整ったら、皿に盛り付けてバジルを飾る。

ペンネアラビアータは僕が一番好きなイタリアンです

その理由は辛いから!
アラビアータの意味は『怒ったような』という意味です。
食べると辛くて、顔が怒ったようになってしまうのでイタリア人がこの名前をつけたようです。

ペンネは味が絡みやすいのでクリーム系やトマト系のソースと相性が良いです♪

激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

手羽先の豆板醤揚げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日はお酒を飲むときに食べたくなる激辛料理を紹介します!

材料:
鶏手羽先  16本
塩、コショウ  適量
醤油  大さじ2
酒     大さじ1
豆板醤   大さじ1
片栗粉   適量
油   適量

1、鶏手羽先をAに30分くらい漬けておきます。
2、片栗粉をまぶし、180℃の油でカラリと揚げます。

もちろん鶏もも肉でも美味しくできます。
最近お酒を飲むときハイペースで飲んでしまいがちです・・・
身体に悪いので皆さんは飲んでも飲まれないように気をつけてくださいね

激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

焼肉屋さんのユッケジャンスープ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
焼肉・韓国料理 に参加中!
焼肉屋さんに行って食べたくなるものといえばなんですか??

牛タン、カルビ、ホルモン、レバ刺し、石焼ビビンバ。。。色々あると思います特に冬になると食べたいのは温かいキムチチゲや、ユッケジャンスープ、カルビースープじゃないですか

今回はその中でも一番辛くて、人気のあるユッケジャンスープの作り方を紹介します。

材料:2人分

牛肉   80g
玉ねぎ  1/4個
長ネギ  1/4本
ニラ   1/4パック
ほうれん草  1/4パック
もやし    1/4パック
豆腐     1/4パック
粉唐辛子   大さじ2
ごま油    大さじ2
コチジャン  小さじ1
上白糖    小さじ1/2
醤油     小さじ2
白味噌    小さじ1
味の素    小さじ2
おろしにんにく 小さじ2
白ゴマ    適量
水      600cc
中華スープの素 1パック

1、もやし、ほうれん草はナムルにする。⇒作り方
2、粉唐辛子とごま油は合わせて混ぜておく。
3、コチジャン、上白糖、醤油、白味噌も合わせて混ぜる。
4、水に中華スープの素をいれ温め、スープを作っておく。
5、牛肉、玉ねぎ、長ネギは細切りにして、ニラは2センチくらいの長さに切る。
6、鍋に豆腐とスープ以外の材料をすべて入れ、火にかけ炒める。
7、味噌に火が通って辛い香りがしてきたら、スープを500cc加えて豆腐を入れる。
8、沸騰してきたら一度味見をする。野菜の水分にもよるけども濃いはずなので、残りのスープで調整する。
9、器に盛って完成。

下準備さえしてあればあっという間に出来ちゃいます

これにごはんを入れればクッパになるし、ラーメンを入れればユッケジャンラーメンにもなっちゃいますよ


激辛 料理 レシピ

スポンサードリンク

激辛好きにおすすめ!ペンネアラビアータ☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンネアラビアータはイタリア料理屋さんに行くと僕は必ず注文したくなるパスタのひとつです

『アラビアータ』とは怒るという意味もあるんです。
食べると怒ったように顔が赤くなり、カッカすることからついた名前のようですよ☆


材料:

ペンネ    160g
トマトソース 200g
オリーブオイル 40cc
鷹の爪    3本
ニンニク   1カケ
粉チーズ   40g
塩、胡椒   適量

1、鷹の爪は種を取り除いてから、フライパンにオリーブオイル、ニンニクのみじん切りとともに弱火にかける。
2、1にトマトソースをいれ温める。
3、ペンネを塩を加えた熱湯でアルデンテに茹で上げ、ざるで水気をきり、茹で汁は少し残しておく。
4、2のソースにペンネを入れ、粉チーズを加えて混ぜる。ソースが固い場合は茹で汁を加える。
5、塩、胡椒を加え手早く混ぜて、火からおろし、皿に盛り付ける。
6、お好みで粉チーズをふる。

鷹の爪の量によって辛さは調節できるので激辛好きな人は気絶しない程度に増やして食べてください




料理レシピについて
当サイトの料理レシピは特に記載のない場合は2人分の材料で記載しています。4人分を作る場合は2倍にすれば作れますし、1人分なら半分の量でOKです。

レシピを参考にして作った感想を、コメントしていただけると非常にうれしいです。

皆さんの応援で毎日のブログ更新が出来ています。いつもありがとうございます♪

(当ブログで使用しているレシピ・料理写真の二次使用は禁止しています。)
番組出演
【レギュラー出演】
ラジオ
FMノースウェーブ
ASAHI SUPER DRY NORTH GARDEN
(日曜 15:00〜15:30)


【ゲスト出演】
テレビ
2011年2月13日
札幌テレビ タカトシ牧場
”ご当地中華まん”にて
中華まんのレシピ提供・調理指導で出演

2011年4月5日
札幌テレビ どさんこワイド
”春のお弁当特集”にて
お店&スタジオでレシピ紹介・出演

2011年8月15日
北海道テレビ イチオシ
”野菜ソムリエが勧める直売所”にて
お店でピュアホワイトを使ったレシピを紹介・出演


ラジオ
AIR-G(FM北海道)
Working for The Weekend


プロフィール
こばやん
詳しいプロフィール


こばやん

面倒な手間はなるべく省いて、シンプルにうまいレシピがモットーです。作ってあげた人に「おいしい」って言ってもらえるポイントがわかると、料理がもっと楽しくなりますよ♪

こちらのiPhoneらいふが現在のメインブログです

メディア出演
サークルKサンクスとFM北海道との共同プロジェクト・美食喰楽部にてこだわりとわがままがぎっしり詰まった”オリジナル商品”の発売が決定しました!

第一弾は2010年6月15日発売です
美食喰楽部

美食喰楽部とは?



CRECER 2007秋号に
掲載されました!
CRECER

2008年2月
まんまる新聞に掲載されました!
まんまる新聞
詳しい記事はこちら

2008年5月
慶應義塾大学KOADに掲載されました!
慶應義塾フリーマガジン
詳しい記事はこちら
料理カテゴリ