家庭 料理 レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

大根のピリ辛ポン酢炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
大根のピリ辛ポン酢炒め
材料:
大根   1/4本
人参   1/2本
さやいんげん   1/2パック(10本)
ちくわ   1パック(5本)
ごま油   大さじ1
A
ポン酢   大さじ2
しょうゆ   大さじ1
酒   大さじ2
砂糖   小さじ2
昆布茶   小さじ1

一味唐辛子   適量
白ゴマ  小さじ1

1、大根とにんじんはさやいんげんと同じ太さくらいに切り、さやいんげんはヘタを取り、1/2にカットする。ちくわは5ミリ幅に斜めに切る。
2、フライパンにごま油をひき、中火で大根を炒める。大根がしんなりしてきたら人参を加える。
3、レンジでさやいんげんを30秒温め、人参がしんなりしてきたらちくわとともに加える。
4、Aの調味料を加え、水分を飛ばすように混ぜながら炒める。
5、水分が完全になくなりそうになったら水を加え調節し、野菜に火を通す。
6、3分ほど炒め火が通ったら、一味唐辛子、白ゴマを加えひと混ぜし器に盛り付けて完成です。

ポイント
最初から一味唐辛子を入れてしまうと、辛みが強くなりすぎます。

ポン酢は柑橘類の酸味が入っているため、こういった加熱料理に使うとその酸味が旨みや甘味に変化します。

煮物となると砂糖を大量に使いがちですが、ポン酢のこういった特徴を抑えると煮物にも自然な甘みを使う事が出来ます。


お気に入りの食器
ニトリ

よくいただく質問で、「食器はどこのものを使っているの?」という質問をいただきます。僕の使っているお皿は「ニトリ」さんの食器がほとんどです。

特に白いシンプルなデザインのものがお気に入りです。

今回の料理で使ったお皿も 笑

白いお皿は料理の写真を撮った時に料理の色を邪魔せずに、照明や自然光の光の反射も良いです。今回出したレシピ本でも黒いお皿に盛った料理は撮り直しを何度かしたものはあったんですが、白い器ではそういったことは全くありませんでした。

あくまで写真を撮るときは「料理が主役」ですので、お皿が懲りすぎていないのが僕のお皿選びのルールかもしれません。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

かぶとウインナーのコンソメ煮

このエントリーをはてなブックマークに追加
かぶとウインナーのコンソメ煮
材料:
かぶ   4個
スナップエンドウ   1パック(150g)
ウインナー   6本
コンソメスープの素   4g
水    500cc
塩   適量
黒こしょう   適量

1、かぶは皮をむき4等分にする。ウインナーは半分にカットしスナップエンドウは筋を取る。
2、鍋を温めウインナーを入れ、中火で炒めていく。
3、油が出てきたらかぶを加えて、1分ほど炒め油が全体に回ったら水とコンソメスープの素を加える。
4、沸騰してかぶに火が通ったら、スナップエンドウを加え2分中火で煮込む。
5、塩、こしょうで調味し出来上がりです。

かぶとウインナーのコンソメ煮
ポイント
ウインナーから油が出るため、余分な油は使わなくても良いです。

かぶは大根よりも早く火が通るので、こうした煮物にも適しています。スープ感覚で煮汁まで味わえるので、味付けはやや薄めにしておくと食べやすいと思います。


ネコザメ
ネコザメ姉さん

水族館ネタも今日で最後です(泣)

このネコザメは家でも飼えるそうですが、見た目が150cmくらいありとてもじゃないですが水槽には入らなそうです。

ネコザメ姉妹

飼うとしても3mを超えるような水槽じゃなきゃ不安そうなので、水槽を置くのにまず家の基礎工事が必要です(笑)賃貸の僕にはぶっ飛んだ話ですね。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

オクラの塩昆布和え

このエントリーをはてなブックマークに追加
うちではエネループという充電式の電池を使っているのですが、これがなかなか便利な電池です。単三電池、単四電池さえあれば、あまり使う事のなくなった単一、単二の電池に付け替えられるカバーのようなものも売っています。

省エネにも繋がるエコグッズですし、電気屋さんで気軽に見ること出来るので、興味があればご覧になってみてください。

オクラの塩昆布和え
材料:
オクラ   1パック
塩こんぶ   15g(大さじ1)
かつお節   3g(小1パック)
しょうゆ   小さじ1

塩   適量

1、オクラはまな板の上で塩と一緒に板ずりし、熱湯で30秒ほど火を通す。
2、オクラを小口切りにし、ボウルに入れかつおぶしとよく混ぜる。
3、かつおぶしがよく混ざったら、しょうゆ、塩こんぶを入れ混ぜ合わせ器に盛り付けて完成です。

ポイント
かつお節は最初に入れる方が、ほぐれやすく全体にいきわたりやすいです。

塩こんぶはすごく万能に使える食材で、今回のように調味料と材料を兼ねることができます。

昆布が元からうまみを持っているので、白菜やほうれん草のおひたしに混ぜるだけという単純な味付けでも深い味わいになりやすいのでいつものレシピのアレンジに使ってみてください。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

うどんすき

このエントリーをはてなブックマークに追加
札幌は外を歩くとシャキシャキ音が鳴るほど、気温が低くなっています。車の中に置いていたお茶も凍っています(笑)

一番北海道を感じられる時期ですが、なかなか厳しい環境なので早く春が来てほしいとつくづく感じます。

うどんすき
材料:
うどん    2玉
鶏肉  100g
ほうれん草   1/2パック
たけのこの水煮   50g
油揚げ   小2枚
長ネギ  1/2本
しめじ   1/2パック

だし汁   1000cc
しょうゆ   大さじ1
塩   小さじ1
酒   大さじ1

1、鶏肉は一口大に切り、ほうれん草、油揚げは2センチ幅に、長ネギ、たけのこは薄めにカットし、しめじは小房に分ける。
2、うどんは硬めに下ゆでしておく。
3、土鍋にだし汁、しょうゆ、塩、酒を加え一煮立ちさせ鶏肉、長ネギを加える。
4、鶏肉に火が通ったらうどん、油揚げ、ほうれん草、しめじ、たけのこを加え蓋をし一煮立ちさせる。
5、味見をし、薄いようならしょうゆ、塩で調節して完成です。

ポイント
味付けは薄めにつけておくと、食べているうちに汁が蒸発して濃くなることがありません。

うどんすきは普段のうどんとは違い、かなり豪華に色々加えることができます。今回は入っていませんが、えびやあさりといった海鮮類を入れることもできます。

鍋料理はこれといった決まりはないので、好きな具材を入れ楽しむ事が出来るのも魅力の一つですね。


家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

ふんわりチーズだし巻き

このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道は今日はわんさか雪が積もっています。寒い感じはしないのですが、景色を見ていると冬のおとづれを嫌でも感じてしまいます。

忘年会や、飲み会が多くなる時期ですが、体調管理には気をつけて元気に年末を乗り切りましょうね!

ふんわりチーズだし巻き
材料:
卵  4個
スライスチーズ  30g
かつおだし   50cc (顆粒だしをお湯で溶いたもの)
しょうゆ  小さじ2
砂糖   小さじ1
マヨネーズ   小さじ1/2

サラダ油   大さじ1

1、卵をボールにわり、しょうゆ、かつおだし、、砂糖、マヨネーズを加えよく混ぜ合わせる。
2、卵焼き用のフライパンに油をひき、余分な脂はペーパーで拭いておく。
3、強火でフライパンを温めて、温まってきたらやや火を弱め、卵の半量を加え全体に広げながらはしでかき混ぜ半熟になるまで火を通す。
4、3の上にチーズをのせ、手前から巻いていく。巻き終わったら手前に卵を寄せ、先ほどのペーパーで油を薄めに全体へひいておく。
5、残りの卵をフライパンに入れ、寄せておいた卵の下にも卵を流し込み3と同じ要領で半熟にし、手前から巻いていく。
6、巻き終わったら1分ほど表面に火を通し、まな板に移し切り分けて完成です。(形を整えたい場合は巻きすで巻いて5分ほど置いておく。)

ポイント
卵焼きは弱火だとフライパンにこびりついて失敗しやすいので、思い切って強火で焼いていきましょう。

よく居酒屋で見かけるだし巻き卵。家で作るとうまく出来ない料理でもあります。

いくつかポイントがあり、そこを1つ1つ押さえられると失敗は少なくなっていきます。今回のようにマヨネーズを少量入れることで、卵がふっくらと仕上がります。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

キノコと卵のトロトロスープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
うちに新しい家族がやってきました。それが彼らです。アベニーパッファー

泳ぎが速くてうまく写真を撮らせてくれません(汗)本当はこんなに可愛いのに…アベニーパッファー

しばらく昼間はカメラを持って水槽の前に張りついてみます(笑)

キノコと卵のトロトロスープ
材料:
しめじ   1パック
えのき   1パック
玉ねぎ   1/2個
溶き卵   2個分
春雨   10g

水   600cc
顆粒だしの素  小さじ1

しょうゆ  大さじ2
オイスターソース   小さじ1
砂糖   大さじ1

ごま油
水溶き片栗粉  大さじ4

1、きのこは適当な大きさに切り、玉ねぎは薄くスライスする。春雨はお湯で戻し、5センチ幅に切っておく。
2、鍋にごま油をひき、1のきのこ、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら水とだしの素を加える。
3、2が煮立ってきたらアクを取り、春雨、しょうゆ、オイスターソース、砂糖を加えて味付けをする。
4、更に煮立ってきたら、一度火を止め水溶き片栗粉を入れ火にかけてとろみをつける。
5、グツグツいった状態で溶き卵を少しずつ加えていき、器に盛り付けてお好みで万能ねぎを飾り完成です。

ポイント
とろみをつけてから卵を加えることで、全体に花を咲かしたようなふわふわした卵スープに仕上がります。

今回はりこさんからリクエストをいただいた卵ときのこを使った料理です。(それぞれ別が好みかな?)

今回のようなとろみのあるスープは、こういう寒い季節にはうれしい体の温まる料理です。寒い外に出る前に朝に食べても元気が出るかもしれませんね。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

ホッケのつみれ汁

このエントリーをはてなブックマークに追加
すっかり寒くなり、北海道では冬用のタイヤに変えなければどこにも行けないような季節が近づいてきました。

あと数日でフードマイスター試験の結果が発表になります。試験発表の前はドキドキしますね。

ホッケのつみれ汁
材料:
生ホッケ   1/2尾
長ネギ   1/2本
白ゴマ   小さじ2
おろししょうが   小さじ1/3
しょうゆ  大さじ1
酒   大さじ1
片栗粉   小さじ2

玉ねぎ   1/4個
大根   1/8本
えのき   1/2パック

しいたけの戻し汁   800cc
しょうゆ   大さじ2
塩   小さじ2/3
酒   大さじ1

1、ホッケは骨と皮を取り除き、半量を包丁でたたいてミンチ状にし、半量は細切りにする。
2、ボウルにホッケ、長ネギのみじん切り、白ゴマ、おろししょうが、酒を入れよく混ぜ合わせる。
3、大根はいちょう切り、たまねぎはスライス、えのきは小房にわける
4、Aと大根を鍋に入れひと煮立ちしたら、玉ねぎ、えのき、2のほっけをスプーンで加える。
5、つみれに火が通ったら器に盛り付けて、お好みで七味唐辛子を加える。

ポイント
ホッケはすべてをミンチにするよりも半量細切りを加えると、歯ごたえのあるつみれに仕上がります。

鍋の季節になり、スーパーにもつみれが並ぶ季節になりました。いわしのつみれはスーパーでも見かけますが、北海道ではこうした生のほっけをつみれにすることがあります。

すみれはミキサーでも作れますが、やはり手間をかけて包丁でたたく方が、食感にアクセントが出ておいしく仕上がります。


家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

秋鮭の五目ご飯

このエントリーをはてなブックマークに追加
熱帯魚の水槽にヤゴが出てきてパニックに陥りました(笑)最初はエビの赤ちゃんかな?と思ったのですが、確実に彼らは気持ち悪さを発揮していました。

魚は好きですが、昆虫類は昔からどうも苦手です。

秋鮭の五目ご飯
材料:2合分
米(研いだもの)   2合
干ししいたけの戻し汁   360
しょうゆ   大さじ2
塩   小さじ1/2
料理酒   小さじ2
砂糖  大さじ1

ごぼう   1/3本
干ししいたけ   2個
人参  1/2

鮭の切り身   2枚
しょうゆ   大さじ1
おろししょうが   小さじ1/2

1、ごぼうは皮をたわしで落としそぎ切りにし、干しシイタケは戻してから人参とともに千切りにする。
2、炊飯器の窯の中に米としいたけの戻し汁、1の野菜、調味料を入れスイッチを入れる。
3、ご飯を炊いている間に鮭を焼く。鮭の表面にしょうゆとおろししょうがを混ぜたものを何度かに分けながら、魚焼きグリルで焼く。
4、ご飯が炊きあがったら、ほぐした鮭の身をご飯に混ぜ器に盛り付けて完成です。

ポイント
魚入りの炊き込みご飯は後から混ぜる方が風味が良いです。

鮭は今の時期とてもおいしい季節になっています。皮が好きな方は身をほぐした後、グリルではなく直火で炙ってからご飯に加えてもよいと思います。

ほっけやさんまもそうですが、旬な時期の魚は皮のほうに栄養素やおいしさが詰まっているので、余さずに食べたいものです。

家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

ひき肉とししとうのふりかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
うちの熱帯魚に稚魚が産まれました♪ウネウネしていてかわいらしいです。

凝り性なのか、一度飼い始めると色々な知識を調べ込んでいて、フードマイスターの勉強よりも入れ込んで勉強しているかもしれません(笑)

ひき肉とししとうのふりかけ
材料:
合びき肉   150g
ししとう  20本
長ネギ   1/2本
豆板醤   小さじ1
しょうゆ   大さじ2
顆粒だしの素  小さじ1
おろしにんにく   小さじ1/2
ごま油   小さじ2

1、ししとうは大きければ1/2にカットし、長ネギは粗めのみじん切りにする。
2、フライパンに長ネギ、おろしにんにく、ごま油を入れ軽く炒めししとうを加える。
3、ししとうがしんなりしてきたら、合びき肉、しょうゆ顆粒だしの素、豆板醤を加える。
4、ひき肉に火が通り、ややカリカリになるまで炒め皿に取り出す。
5、お好みで、ご飯の上にかけていただく。

ポイント
ひき肉はやや火を通しすぎかな?というくらいの方がふりかけらしくておいしいです。

現在試験勉強中でこういうやっつけレシピが多いです(笑)今回のレシピは1〜2日の保存もできますし、お弁当のご飯の上にかけておいても喜ばれるふりかけです。

ハンバーグなどで余ったひき肉はこういった形で有効利用しましょう!


家庭 料理 レシピ

スポンサードリンク

さんまとしょうがの混ぜご飯

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近家の近くのホームセンターでかわいい熱帯魚を発見しました。アベニーパッファーというふぐの仲間なんですが、かなり愛くるしい表情で癒されます。

さっそく色々調べて飼う準備を進めているところです(笑)

さんまとしょうがの混ぜご飯
材料:
ご飯   茶碗2杯分
さんま   1尾
しょうが   約30g
七味唐辛子   小さじ1/2(お好みで)
酒   小さじ1/2
ごま油   大さじ1
しょうゆ   大さじ1

1、さんまは内臓を取り除き、グリルで塩焼きにする。焼きあがったら身を骨から外しほぐしておく。
2、しょうがは千切りにし、水でさっと洗い水気を切っておく。
3、炊きあがったご飯をボウルに移し、ほぐしたさんまの身、しょうが、酒、七味唐辛子、ごま油、しょうゆを加えしゃもじでよく混ぜ合わせる。
4、茶碗に盛り付けて出来上がりです。

ポイント
さんまの臭みが気になる場合は、しょうがの量を調節しながら、少量のおろししょうがを加えましょう。

夏が終わるのは寂しいものですが、この時期になると色々な食べ物が旬を迎えるので楽しみが増えている方もいるのではないでしょうか?

今年はさんまの値段が高騰しそうですが、高い場合は1尾を買ってきてこうした混ぜご飯で食べてみてはいかがでしょう。財布にもやさしい旬の料理になるはずです。
料理レシピについて
当サイトの料理レシピは特に記載のない場合は2人分の材料で記載しています。4人分を作る場合は2倍にすれば作れますし、1人分なら半分の量でOKです。

レシピを参考にして作った感想を、コメントしていただけると非常にうれしいです。

皆さんの応援で毎日のブログ更新が出来ています。いつもありがとうございます♪

(当ブログで使用しているレシピ・料理写真の二次使用は禁止しています。)
番組出演
【レギュラー出演】
ラジオ
FMノースウェーブ
ASAHI SUPER DRY NORTH GARDEN
(日曜 15:00〜15:30)


【ゲスト出演】
テレビ
2011年2月13日
札幌テレビ タカトシ牧場
”ご当地中華まん”にて
中華まんのレシピ提供・調理指導で出演

2011年4月5日
札幌テレビ どさんこワイド
”春のお弁当特集”にて
お店&スタジオでレシピ紹介・出演

2011年8月15日
北海道テレビ イチオシ
”野菜ソムリエが勧める直売所”にて
お店でピュアホワイトを使ったレシピを紹介・出演


ラジオ
AIR-G(FM北海道)
Working for The Weekend


プロフィール
こばやん
詳しいプロフィール


こばやん

面倒な手間はなるべく省いて、シンプルにうまいレシピがモットーです。作ってあげた人に「おいしい」って言ってもらえるポイントがわかると、料理がもっと楽しくなりますよ♪

こちらのiPhoneらいふが現在のメインブログです

メディア出演
サークルKサンクスとFM北海道との共同プロジェクト・美食喰楽部にてこだわりとわがままがぎっしり詰まった”オリジナル商品”の発売が決定しました!

第一弾は2010年6月15日発売です
美食喰楽部

美食喰楽部とは?



CRECER 2007秋号に
掲載されました!
CRECER

2008年2月
まんまる新聞に掲載されました!
まんまる新聞
詳しい記事はこちら

2008年5月
慶應義塾大学KOADに掲載されました!
慶應義塾フリーマガジン
詳しい記事はこちら
料理カテゴリ