中華 料理 レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

マーボー白菜

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープブルーという海の中のドキュメント番組を見ていると、自然の偉大さに「人間って小さいな〜」と感じます。うちの熱帯魚の水槽の中とはスケールが違いますね(笑)

水族館に行くと3時間以上はいることが多いので、こういう番組は何度も繰り返し見てしまいそうです。

マーボー白菜
材料:
白菜   1/4個
しめじ   1パック
豚肉挽肉   100g
うずらの卵(ゆで卵)   6個
しょうが  30g

鶏がらスープ   800cc

豆板醤   大さじ2
テンメンジャン   大さじ2
しょうゆ    大さじ3
酒   大さじ2
ごま油   大さじ3
長ねぎのみじん切り   1/2本分

水溶き片栗粉   大さじ3

1、白菜は一口大に切り、しめじは石づきを取って小房に分けておく。しょうがは荒いみじん切りにしておく。
2、フライパンにごま油大さじ1をひき、ひき肉を油が透明になるまで1分ほどやや強火で炒める。
3、しょうが、豆板醤、テンメンジャンを加えよく混ぜ合わせて、白菜としめじを加え、しんなりするまで炒める。
4、スープを加え調味料が完全に溶けたら、うずらの卵を加え5分ほど中火で煮込む。
5、しょうゆ、酒を加え、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつける。
6、ごま油、長ネギのみじん切りを加え完成です。

ポイント
白菜は先にしっかりと炒めることで、シャキシャキした食感を残して仕上げることができます。

麻婆豆腐のタレは作り方を覚えておくと、色々な野菜を入れて仕上げることができます。今回の白菜の他にもほやしやチンゲン菜なども代用して入れることができます。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

ニラ豆腐ぎょうざ

このエントリーをはてなブックマークに追加
本日、確定申告を終えてホッとしています。何でもギリギリにしてしまうとミスややり残しが付いて回るので、こういうのは早めに終えるようにしています。

今日はイオンの火曜市なので、天気の良いうちに買い物に行ってこようと思います。(最近、夜になると毎日嵐のように吹雪くんですよ… 汗)

ニラ豆腐ぎょうざ
材料:
豆腐   100g
豚ひき肉  50g
ニラ   1/2束
しょうが  30g
長ネギ   1/2本
しょうゆ   大さじ1
パン粉  30g
昆布茶   小さじ1/2
塩   小さじ1/3
こしょう   適量
餃子の皮   20枚
サラダ油   大さじ1
お湯   150cc

1、豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱皿にのせて2分温める。その後ざるに乗せ冷ますと、ペーパーとざるによって水切りができます。
2、ボウルに1の豆腐、パン粉を入れよく混ぜ合わせ、みじん切りにしたしょうが、長ネギ、細かく小口切りにしたニラ、豚ひき肉をよく混ぜ合わせる。
3、しょうゆ、塩、こしょう、昆布茶を入れ味付けをし、その餃子のたねを小さじ1ずつぎょうざの皮に包んでいく。
4、テフロンのフライパンを中火で温めぎょうざを並べて軽く焼き色をつけ、お湯を加え蓋をして3分火を通す。
5、お湯がなくなったら、全体にサラダ油を回し入れ焼き色をしっかりとつけたら器に盛り付けて出来上がりです。

ポイント
豆腐の水分をパン粉が吸ってくれ、ひき肉の肉汁を逃がさないのでかなりジューシーな餃子に仕上がります。

豆腐の水切りが面倒な場合はパン粉の量を増やして、水きりせずに混ぜても大丈夫です。

ぎょうざを包む時は「少ないかな…」というくらいの量のたねを包むことで、皮が破れずに仕上がりがよく出来上がります。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

鶏肉のカシューナッツ炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
札幌はサミットも終わり、平穏な日々に戻りつつあります。僕の家の前までパトロールしている景観を見たときはさすがにびっくりしましたが、全国的にピリピリした空気が警備する側にはあったんでしょうね。

目の当たりにするとやはり大きなイベントだったんだなとつくづく感じますね。関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

鶏肉のカシューナッツ炒め
材料:
鶏モモ肉  250g
ピーマン(赤・緑)  各1個
たけのこ  50g
生しいたけ  2枚
カシューナッツ  20粒位
長ネギ   1/2本
サラダ油  適量
A
しょうゆ  小さじ2
酒  小さじ1
塩・こしょう 適量
片栗粉  大さじ1
B
醤油  大さじ3
オイスターソース  大さじ1
酒  大さじ1
砂糖  小さじ2
中華スープの素  大さじ1
塩  少々
水溶き片栗粉  適量

ごま油  大さじ2

1、鶏肉は1センチ大に切り、長ネギ、ピーマン、しいたけ、たけのこも大きさをそろえるように1センチ角に切っていく。
2、Aの調味料で鶏肉に味をつけ、5分ほど置く。Bの調味料も別の容器で混ぜ合わせておく。
3、フライパンにサラダ油をひき、2の鶏肉を強火で炒めていく。両面に焼き色がついたら一度取り出しておく。
4、そのままのフライパンでカシューナッツ、ピーマン、しいたけ、長ネギ、たけのこの順で中火で炒めていき、鶏肉をフライパンに戻す。
5、全体に火が通ってきたら、Bの調味料を一度火から外したところで加え全体にからませ、強火でさらに炒めていく。
6、仕上げにごま油を加え、器に盛り付けて完成です。

ポイント
先に調味料を合わせておくと、作り始めてから10分ほどで出来る簡単な料理です。

本来なかなか作るのが面倒な中華料理のひとつであるカシューナッツ炒め、面倒な部分を省いてシンプルにアレンジしてみました。

さらに手抜きをしたいという方は、お好みの焼肉のたれを水で少し薄めて、それに水溶き片栗粉でとろみをつけてあげてください。とろみをつけると塩味を強く感じるので、どんな料理もとろみをつける前は薄味にするのがポイントです。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

カニかま天津丼

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいブログをもう少しで公開できそうです♪画像に凝り過ぎて、なかなか前に進まなかったのですが、なんとか形にはなってきました。

しばらくはどちらのブログも更新していくので、引き続き応援よろしくお願いします!

カニかま天津丼
材料:
卵  5個
かにかま  5本
干しシイタケ(戻したもの)  2個
長ねぎ  1/2本
たけのこ(水煮)  50g

塩   適量

水(しいたけの戻し汁合わせたもの)  300
しょうゆ   大さじ1
砂糖   大さじ1
酢   大さじ1
ケチャップ  小さじ1
オイスターソース   小さじ1
水溶き片栗粉   適量
ごま油   小さじ1

サラダ油   大さじ2

ごはん   茶碗2杯分

1、しいたけ、たけのこ、長ネギは千切りにして、卵にさいたカニかまと共に入れてかき混ぜる。お好みで少量の塩を加える。
2、フライパンにサラダ油をひき、十分に温まったら卵を加える。
3、全体にかき混ぜながら一気に強火で火を通し、半熟になったら表面に焼き色をつけ器に盛ったご飯の上にのせる。
4、Aの材料をフライパンに入れ、沸騰してきたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、最後にごま油で香りをつける。
5、3のご飯と卵の上に4の甘酢ダレをかけて出来上がり!

ポイント
調味料を集めるのが面倒な時は、インスタントラーメンのスープに砂糖、ケチャップと酢を加えて作ることもできます。

天津飯というと僕の世代ではドラゴンボールを思い出します(笑)最後の方は本当にみじめなキャラクターで悲惨でした・・・今回のレシピは余りものでサッと出来てしまうので、土曜日のお昼など忙しい時に作ると良さそうですね♪

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

黒酢のさっぱり酢豚

このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉の最後の飛散にやられっぱなしです(笑)花粉解消レシピを考えよう・・・そう思いながらそのやる気も鼻水と涙とともに流れていきます(汚くてすいません 笑)

黒酢のさっぱり酢豚
材料:
豚もも肉  300g
酒  大さじ1
しょうゆ   大さじ2
おろししょうが  小さじ1/2
片栗粉   大さじ3

筍の水煮  200g
玉ねぎ  1個
ピーマン  2個
パプリカ(赤・黄)   1/2個
サラダ油  適量
A(合わせておく)
しょうゆ  大さじ2
砂糖  大さじ2
ケチャップ  大さじ1
マーマレード  大さじ1
片栗粉  小さじ2

黒酢  50cc
ごま油  大さじ1

1、豚もも肉を一口大に切り酒、醤油、おろししょうがで下味をつけておく。
2、1の肉に片栗粉をまぶし、160℃の油できつね色に揚げる。
3、たけのこ、ピーマン、パプリカは乱切りにする。玉ねぎはくし形切りにする。
4、フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、玉ねぎ、たけのこ、パプリカ、ピーマンの順で加え炒める。そこにAの調味料を加え混ぜる。
5、4に2の肉を入れ、炒め合わせる。最後に黒酢、ごま油をまわし入れ、全体に混ぜて仕上げ器に盛り付ける。

ポイント
マーマレードを入れることで、自然なうまみが出てコクが生まれます。

たまに食べたくなるすっぱいレシピ。僕のお気に入りはやっぱり酢豚です。もずく酢も好きなんですがガツンとすっぱい料理・・・と言えば酢豚が一番です。

毎日スプーン1杯のお酢を取ることが健康には良いと言われていますが、毎日は無理でもたまにはこういう酢がガツンと利いた料理もいかがですか??

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

なめこと卵のあんかけうどん

このエントリーをはてなブックマークに追加
なめこと卵のあんかけうどん
材料:
うどん   2玉
なめこ  50g
しいたけ   1/2パック
ほうれん草   1/3パック
卵   2個
しょうゆ   大さじ2
みりん   大さじ1
酒    大さじ1
顆粒だし  小さじ1/3
水   300cc
水溶き片栗粉   適量

1、しいたけは5ミリにスライスして、ほうれん草2センチ幅にカットする。
2、フライパンに水、顆粒だし、酒、みりんを入れひと煮立ちさせ、しょうゆを加える。
3、ほうれん草、しいたけを加えひと煮立ちさせ水洗いしたなめこを加える。
4、沸騰してきたら水溶き片栗粉を加えとろみをつけ、とき卵をフライパンを揺すりながら加え半熟状態にする。
5、器にゆでたうどんを盛り付け、4のあんかけをのせて完成。

ポイント
とろみをつけてから卵を入れることで、一気に固まらずにとろとろな状態に卵が固まります。

春になってきたので、衣替えの時期ですね。料理は出来るんですが、その他の家事はなかなか苦手です・・・。今週末にでも一気に衣替えを済まそうと思います。

料理も時期によって旬ってものがありますが、その旬のものは料金も安く手に入るし、使い方を覚えておいしく安く過ごしたいもんですね♪

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

エビとなすの中華パスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
エビとなすの中華パスタ
材料:
スパゲティ   160g
むきエビ    50g
なす    2本
にら   1/2パック
にんにく   1片
鷹の爪   1本
ごま油   大さじ1
塩   適量
しょうゆ   大さじ1
オイスターソース  小さじ2

1、にんにくはみじん切り、鷹の爪は種を取り除き細かく刻む。ニラは3センチ幅にカットする。なすは短冊切りにする。むきエビは背ワタを取っておく。
2、パスタはたっぷりのお湯でアルデンテに茹で上げる。
3、パスタを茹でている間にフライパンににんにく、鷹の爪、ごま油を入れごく弱火で火にかける。
4、にんにくの香りが出てきたらなす、えびを炒め、なすがしんなりしてきたらパスタを加え塩、しょうゆ、オイスターソースで味付けする。
5、にらを最後に加えさっと混ぜ合わせたら器に盛りつける。

ポイント
にらを最後に入れるのでやや濃いめに味付けしておきましょう。にらから水分が少し出るので味が薄くなることがあります。

パスタは洋風なものが多いですが、中華の素材で料理するとこのように中華風のレシピにも変身してくれます。

むきエビは冷凍のものでも、シーフードミックスなどでも良いので半冷凍状態で使うと完全に解答して使うよりもうまみが残っておいしく仕上がります。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

ホタテとブロッコリーのマヨネーズ炒め

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホタテとブロッコリーのマヨネーズ炒め
材料:
ホタテ貝柱  8〜10個
ブロッコリー  1房
なす   2本
エリンギ  1/2パック
マヨネーズ   大さじ2
ケチャップ   小さじ2
しょうゆ   小さじ2
おろしにんにく   小さじ1/3
塩   適量
こしょう   適量
オリーブオイル   小さじ2

1、ブロッコリーは小房にわけ塩ゆでにし、なすは小さめの短冊切り、エリンギも茄子と同じように短冊切りにする。
2、ホタテは表面の汚れを取り除いて塩、こしょうをし、熱したフライパンにオリーブオイルをひき中火で炒めていく。
3、ホタテが色づいてきたら、なす、エリンギを加えさらに炒めていく。
4、ボウルでマヨネーズ、ケチャップ、しょうゆ、おろしにんにくを混ぜ合わせ、3とブロッコリーを加えよく混ぜあわせる。
5、味見をし、薄いようなら塩で調節し、器に盛り付けて完成。

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?僕の方は完全にパソコンから離れてしまい数年ぶりにゆっくりと過ごさせてもらいましたm(_ _)mブログの更新待っていた方ごめんなさい!

今日はホタテを使った炒めものです。普通の炒め料理とは違い、炒めた後味付けをするというスタイルの料理です。最近の中華ではよくみられる手法なんですが、失敗が少なく簡単にできるため家庭料理に使っていただきたいテクニックです♪

入れる野菜は人参、玉ねぎなど冷蔵庫に余ったもので良いので、難しく考えずに炒めて和えちゃってくださいね。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

チンジャオロースー

このエントリーをはてなブックマークに追加
チンジャオロースー
材料:
牛肉もも肉 150g
ピーマン  4個
パプリカ(赤・黄)  各1/2個
たけのこ(水煮)  100g
長ネギ    1本
にんにく   1片
おろし生姜  小さじ1/2
サラダ油    大さじ3

(肉の味付け)
しょうゆ  大さじ1
酒    大さじ1
サラダ油:大さじ1
塩    適量
こしょう  適量
味の素   少々
片栗粉  小さじ2

(あんかけ)
酒    大さじ1
砂糖   小さじ1
オイスターソース  大さじ1
醤油    大さじ1
中華スープの素   大さじ1

ごま油  小さじ1

1、牛肉は5ミリの細切りにし、肉の味付け用の調味料をボウルの中で良く馴染ませておく。
2、にんにくをみじん切りにする。ピーマン、パプリカ、タケノコも5ミリに細長く切る。長ネギは斜めにスライスする。
3、フライパンにサラダ油をひき、ピーマン、パプリカがしんなりするまで強火で炒める。一度フライパンから取り出しておく。
4、3のフライパンににんにく、おろし生姜をサラダ油を入れ弱火で香りを出しながら炒め、1の肉を加え中火で炒める。
4、肉の表面が焼き上がる程度で3のピーマン、パプリカ、たけのこ、長ネギを入れ、強火で一気に炒める。
5、最後にあんかけ用の調味料を入れて、味を良く絡ませる。仕上げにごま油を回しいれ器に盛りつけて完成。

ポイント
調味料は先の混ぜておくことで、味付けのときにだまにならないで済みます。ゴマ油だけは風味づけのために最後に入れましょう。

たけのこは細切りのものも売っているので、そちらを使うと手間も省けます。中華は強火でさっと作れますし、野菜も豊富にとれるので風邪が心配なこの時期におすすめです。

材料の大きさを均等にすることで味にもばらつきがなくなので、材料を切るときはいつもよりも少し意識しながら切ってみましょう。

中華 料理 レシピ

スポンサードリンク

彩り野菜と鶏肉の炒めもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
彩り野菜と鶏肉の炒めもの
材料:
鶏胸肉  200g
茄子   2本
パプリカ(赤・黄) 各1/2個
ししとう   6〜8本
しょうが  20g

オイスターソース  大さじ1
しょうゆ  大さじ2
みりん  大さじ1
酒   大さじ1
水溶き片栗粉  適量
ごま油  適量

1、鶏肉は一口大に切り、茄子は小さめの乱切り、パプリカはくし切り、ししとうは破裂しないように数ヵ所、包丁で穴を空ける。しょうがは薄くスライスする。
2、フライパンでしょうがをごま油で炒め、鶏肉、なす、パプリカ、ししとうの順で炒める。
3、オイスターソース、しょうゆ、みりん、酒を合わせた調味料を2に入れ混ぜ合わせる。いったん火を止める。
4、水溶き片栗粉を少量ずつ加え、仕上げにゴマ油をふりかけて出来上がり。

ポイント
最後にごま油を入れることで中華料理独特の香りの良い料理に仕上がります。
料理レシピについて
当サイトの料理レシピは特に記載のない場合は2人分の材料で記載しています。4人分を作る場合は2倍にすれば作れますし、1人分なら半分の量でOKです。

レシピを参考にして作った感想を、コメントしていただけると非常にうれしいです。

皆さんの応援で毎日のブログ更新が出来ています。いつもありがとうございます♪

(当ブログで使用しているレシピ・料理写真の二次使用は禁止しています。)
番組出演
【レギュラー出演】
ラジオ
FMノースウェーブ
ASAHI SUPER DRY NORTH GARDEN
(日曜 15:00〜15:30)


【ゲスト出演】
テレビ
2011年2月13日
札幌テレビ タカトシ牧場
”ご当地中華まん”にて
中華まんのレシピ提供・調理指導で出演

2011年4月5日
札幌テレビ どさんこワイド
”春のお弁当特集”にて
お店&スタジオでレシピ紹介・出演

2011年8月15日
北海道テレビ イチオシ
”野菜ソムリエが勧める直売所”にて
お店でピュアホワイトを使ったレシピを紹介・出演


ラジオ
AIR-G(FM北海道)
Working for The Weekend


プロフィール
こばやん
詳しいプロフィール


こばやん

面倒な手間はなるべく省いて、シンプルにうまいレシピがモットーです。作ってあげた人に「おいしい」って言ってもらえるポイントがわかると、料理がもっと楽しくなりますよ♪

こちらのiPhoneらいふが現在のメインブログです

メディア出演
サークルKサンクスとFM北海道との共同プロジェクト・美食喰楽部にてこだわりとわがままがぎっしり詰まった”オリジナル商品”の発売が決定しました!

第一弾は2010年6月15日発売です
美食喰楽部

美食喰楽部とは?



CRECER 2007秋号に
掲載されました!
CRECER

2008年2月
まんまる新聞に掲載されました!
まんまる新聞
詳しい記事はこちら

2008年5月
慶應義塾大学KOADに掲載されました!
慶應義塾フリーマガジン
詳しい記事はこちら
料理カテゴリ