あるアメリカの会社が主婦業の1年分の報酬を試算し、1660万円という金額を発表していました。たしかに主婦業は大変な仕事ですが、この金額はかなり高額なところに依頼したとしたら・・・という金額みたいです。

ただ、結婚する前はすごく憧れる主婦という仕事ですが、こんな金額が出るくらい大変なのは事実です。お父さん方も仕事は大変ですが、外で飲み会や、不倫に憧れていないで、またには「お疲れ様」の一言や感謝の気持ちを表してみてはいかがでしょうか?

たまには、こんな料理を作ってあげてみてください(買い物・片付けまで含めて)

夏バテ対策レバニラ炒め
材料:
鶏レバー  150g
もやし   1パック
ニラ   1/2束
にんにく  1片

牛乳  50cc

A
塩  適量
しょうゆ  大さじ1
酒   小さじ2
おろししょうが   小さじ1
片栗粉   大さじ2
B
しょうゆ  大さじ1
ケチャップ  大さじ1
中華スープの素   小さじ1
オイスターソース  小さじ1
酒   小さじ2
水溶き片栗粉   大さじ1

ごま油   大さじ2

1、鶏レバーはやや大きめの一口大に切り、牛乳に15分ほど漬けて臭みを取る。にらは5センチ幅に切る。
2、1のレバーの牛乳を捨て、キッチンペーパーで水気を取る。Aの調味料で味付けをし、片栗粉をまぶす。
3、みじん切りにしたにんにく、ごま油をフライパンに入れ、弱火で香りが出るまで炒め、強火にしレバーを加える。
4、レバーに焼き目がついてきたら、もやしを加え、軽く塩をし炒めていく。
5、もやしがしんなりしてきたら、ニラを加え、ひと混ぜしたらBの調味料を火から離して加える。
6、全体にタレが回るように炒めて、仕上げに少量のごま油を香りづけに加え、完成です。

ポイント
レバーの臭みが苦手なら、牛乳につける時間を長くしましょう(長くても一晩)。長時間漬ける場合は冷蔵庫に入れて漬けておきましょう。

レバニラ炒めは、家庭によってニラレバとか言われますが、実際どっちでも良いです(笑)レバーは苦手な方も多いですが、夏場は特に夏バテ防止にも効果があり、タンパク質、ビタミンA、グリーコーゲンなどを含んでいるバランスの良い食材としておすすめです。

レバーが苦手な人は豚レバーではなく、鶏や牛のレバーから始めてみることをおすすめします(豚レバーは臭みが強いです)
スポンサードリンク