さんまのう巻き風卵焼き
材料:
さんまの蒲焼   1枚
卵     3コ
酒    小さじ1
しょうゆ  小さじ1
塩    適量
サラダ油   適量

1、卵を溶き、酒、しょうゆ、塩を加えて混ぜます。蒲焼は半分にします。
2、卵焼き用のフライパンに薄くサラダ油を中火〜強火で熱し、卵液の1/3を流し込みます。卵に8割ほど火が通ったら蒲焼をのせ、手前にくるりと巻きます。
3、油をつぎ足しながら残りの卵液を2回に分けて流し込み、形を整えながら焼きます。
4、食べやすい大きさに切り分け器に盛りつけます。

ポイント
卵焼きの焦げる原因は、火力の弱さです。ビビらず強火で焼くと失敗は少ないです。

卵焼きはビビらずに強火がポイント、弱火が焦げるって意外じゃないですか?よく油をひいたほうが焦げないっていうけど、それじゃあ油っぽくなるだけで何にも解決になりません。

卵料理は強火でちゃちゃっと作れば、ふわふわでトロトロに仕上がります。卵料理うまく作れれば、たいていの男は落ちます(笑)『強気で強火』これがどの卵料理にも言えるコツだと思います。
スポンサードリンク